読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イトーのブログ

ここはゲーム、まんが、映画の備忘録帳でござい 自分用なので文章が自由

ゲーム業界の未来について

こんにちは、イトーです。

 

シュタインズゲート・ゼロ』が発売されましたね。

f:id:saki9098:20151218024832j:plain


 空想科学シリーズは(カオスヘッドを除けば)大変好きな作品ばかりですので、今作も大変楽しみにしています。ソフィーのアトリエ終わったらやります。
 さて、タイムスリップものの話になると、大体「過去と未来、行けるならどっち?」と訊かれ、次に「行った先で何するの?」と質問されますが、私の答えは決まっています。

 未来です。
 そして、将来のゲーム業界の環境を確認するのです。

------------------------------------------------------------------------

 そんな益体のない話をルームシェア中の男としていたところ、彼は突然緩んでいた表情を引き締めました。

「実は、俺が30年後からこの時代へタイムスリップしていたとしたらどうする」
「ほう」

 興味ありげに私は頷いていますが、その実内心では奴の正気を三度ほど疑っています。何言ってるんだろうな、今逃げても追いつかれるかな。

「信じられないかもしれない。だが、本当なんだ」

 角刈りでがっちりとした体格の彼が真面目な顔になると妙な威圧感があり、私はつい気圧されるように一歩後ろへ下がります。
 私はもう一度、彼の細い瞳を見返しました。やがてその瞳の奥に、見慣れぬ感情が揺らいでいることを、類まれなる洞察力で薄っすらと感じ取ります。まるで私を見守る翁のような、慈愛と落ち着きに満ちた色。
 ふと『シュタインズ・ゲート』の物語を思い返しました。電話レンジ。精神だけのタイムスリップ。
 全身が津波のような戦慄に晒されました。

「まさか……」
「さあ、急いでくれ。この時間軸に居られる期間はあまり長くないんだ」

 真偽を質す時間はありませんでした。私は半ば焦慮に任せて、一番気になっていたことを尋ねます。

「家庭用ゲームは、コンソールはまだ遊ばれていますか」
「まあぼちぼち。というか、家庭用ゲームとソーシャルゲームの境はもうとっくになくなっていて、リッチかつ他人とゆるく関われるゲームが主流だな」

 彼に気付かれぬよう、心の中で胸をなで下ろしました。家庭用ゲームを開発している者として、私もまたその未来に少しでも寄与できたのでしょうか。

「他に何か質問はあるか?」
「あー、えっと。VR技術は?」
「最近のゲームはもうほとんどVRだ。立体視方式じゃなく神経接続式でブレークスルーがあってな」
「すごい。未来技術だ」
「今やPlayStationといえばコレさ」


 と彼が取り出したのは、梅干しほどの大きさの球体が付いた一本の棒でした。ちょうどゲームセンターの筐体のレバーのようです。艶やかな表面に映り込む自身の顔を眺めつつ尋ねます。

「それを? どうするの」
「頭に刺す」

 未来技術……。

「えーとじゃあ、未来のゲームハードは?」
 気を取り直してまた別の質問を投げかけます。
「PS7とWiiiiiiiii、あとXbox 255が出た。ローンチタイトルはMinecraftと……」
「まだマイクラ移植続いてるの? 息長すぎるだろう」
ラグナロクオンラインも運営続いてるぞ」

 なんだか未来もあんまり今と変わっていないようだなあ、と安心やら残念やら思っていると、急に彼の身体が光の粒子に包まれ始めました。低い天井へ、螺旋を描いて舞い上がるそれを見上げながら、彼は肺腑から大きく息を吐きました。

「すまない、そろそろ時間のようだ」
「精神だけタイムスリップしたという話だったのに、身体が脚から消えていってるけど……」

 整合性の取れた説明を返すより先に、彼は僅かな光の残滓を残し、元からそこにいなかったかのように六畳間からその姿を消しました。
 ……不思議な体験でした。まるで夢でも見ていたような心地です。
 静かになった六畳間の中、私はぼんやりと蛍みたいに漂う光に手を伸ばします。指先をひらりとかわしたそれが私の胸に付着したと思うと、粒子は1つが2つに、2つが4つに、瞬く間に増えていき、今度は私の周囲で螺旋を描き始めます。目が焼かれそうな眩しさに囲まれているというのに、一切苦痛がありません。不思議な感覚はやがて、「私も過去へ飛ぶのだ」という謎の確信に変わりました。
 飛ぶ時間の幅を、肌が感覚として伝えてきます。おおよそ5年前。まだWiiUすら発売していなかった頃。

光の奔流で埋め尽くされた幻想的な光景に包まれながら、ふと私は「ライフストリームだ」と誰にともなく呟きました。
 そうだ。過去に飛んだら、FF7のリメイクについて伝えるのがいいかもしれません。それと、トリコの発売発表も。

 ゲーム業界が停滞しているという人がたまにいます。しかしこうして顧みれば、業界が確実に前進し、新たな可能性を日々生み出し続けていることは明らかです。未来に希望を抱けないならば、過去を振り返ればよいのです。
 周囲を取り巻く輝きが次第に加速していきます。到着が近いのでしょう。

 ところで、過去に着いたらとりあえずジョン・タイターと名乗ってみたいのですが、5年前にはすでに「シュタインズ・ゲート」は発売されていたでしょうか。ますます加速する光の奔流に焦りを覚えながら、私は記憶を必死に探るのでした。

-----------------------------------------------------------------------

調べたら、360版が7年前発売でした。
セーーーーーーフ。

カリスマソシャゲーマーのお話です

こんにちは、イトーです。


■千年戦争アイギス

f:id:saki9098:20151003162020g:plain

Fate/Grand Order

f:id:saki9098:20151003162027j:plain

 

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

f:id:saki9098:20151003162037j:plain

 

 最近はこの3本のソーシャルゲームを並行して遊んでいます。
 遊んでいますというか、なんかずっとどれかやってる気がします。

 原因は簡単で、これらがスタミナ回復制のゲームだからです。
 スタミナが概ね3時間くらいで回復するので、溢れたらもったいない精神でログイン同期になるわけです。すごい。よくできてる。最初にこれ考えた人は悪魔です。


 ただ歪なのも確かで、「何でゲームするのにスタミナとかいうリソース払わなきゃいけねんだよ」と思う人もいるでしょう。
 私はアーケードゲーマーなのでゲームするのにクレジット入れるのは割と自然ですが、まあ一般的には受け入れがたい概念のはず。

 それが何故、どうやって今の世間に受け入れられたのか? こういった疑問を解くには思考実験がよいでしょう。

 

 例えば世が突然ソーシャルゲームによって社会的な評価を得る時代になったとしましょう。いろいろ疑問はあるでしょうが、まあとにかくなったんです。
 そんな時代ですから、人が決めたスケジュールの中でできる限りスタミナを消費するのではなく、もはや全人類はスタミナ回復までの時間を絶対基準として1日のライフスケジュールを定めるほどになりました。

 スタミナを漏れなく管理できることが、即ち自己管理の能力として評価され、社会的ステイタスになる。
 そう。2014年、日本はスタミナに支配された国となっていたのです。


 無論、私もまたそんな時代の住人です。
 名はイトー。職はゲームライター。
 まだまだ駆け出しのぺーぺーですが、先輩のライターが風邪で急遽欠勤となったために突如大仕事が降って沸くことになりました。

 とある高級マンションの一室、その扉の前で私は大きく深呼吸しました。


『先方のスタミナ消費タイムに訪問時間が被らないよう、気を付けるんだぞ』

 脳裏に蘇る先輩ライターの助言を思い返し、思わず腕時計を何度も確認してしまいます。
 意を決し、扉を叩きます。
 ドアを開けて現れたのは、身なりの整った細身なスーツ姿の男性でした。片目側に流したアシンメトリーの髪が洒落ています。


「ああ、どうも。ライターの方だね、待っていたよ。いいコニャックが手に入ったんだ、君も試してみるかい」

 魅力的な提案でしたが首を振って辞します。
 相対する私の声はどうしても固いものになりました。

「あなたがあの、カリスマソシャゲーマー『シンヤ』……」

「よしてくれよ。確かに僕はT大出身だがそれを鼻にもかけずに、あらゆるソーシャルゲームに挑戦してはその全てでランキングトップを強奪する才人と言われることもあるよ。特にすごいのは、それら全てが無課金だともね。ああ、ちなみにT大というのは東京大学の略なんだけど」

「ご謙遜を。シンヤといえば、まさに我々のカリスマですよ! しかし『無課金』でランキング入りしているという噂は、本当だったんですか……」


 言葉の端に疑念が滲み出たのを敏感に察知したのでしょう。シンヤは深く深くため息を吐くと、ゆるゆる首を振りました。

「効率化したスタミナ消費、経験値曲線を見極めたレベルアップ管理、そして何より……無課金で手に入る魔法石を割るタイミング。それら全てが一体となった時、混沌は秩序へと変わり、ランキングスコアへと昇華する」

 彼の言葉の意味は全く分かりませんでしたが、その迫力に私は理屈も分からぬまま感動を禁じ得ませんでした。
 以下は私が後に記したインタビューの一部です。編集長の許しを得たので、特別に一部公開いたします。




――はじめに、本日のスタミナ消費スケジュールはいかがですか?

【シンヤ】:
 15:00から『パズル&ドラゴン』をプレイ、その後15:30にメンテナンスに入るのを見越して『スクールガールストライカーズ』の期間限定イベント、並行して『口先番長』をこなして、『神撃のバハムート』に移った後、今までの傾向からそろそろサーバーエラーの予兆が見られるから16:42には『グランブルーファンタジー』に移ってレベルアップを利用しつつ4.4時間ほどイベントを回し続ける予定かな。

 もちろんそれぞれ、日付が変わる00:00丁度にガチャを引くことは忘れないよ。

――それだけソーシャルゲーム漬けだと、お仕事をする時間がないように思いますが。

【シンヤ】:
 (スマートフォンを見せて)これが僕の仕事さ。僕がプレイしたゲームは、その後必ず爆発的に人気が出る。いわばプロモーションを担っているわけだよ。開発会社からマージンをもらうことで、僕がそのゲームをプレイするんだ。

――それだけのハードスケジュールをこなすのは大変でしょう。何かコツでも?

【シンヤ】:
 コツなんて何も。強いて言えば、全ての集中力を目の前の画面に注ぎ込むことかな。ひどいときは、スタミナが切れるまでずっとゲームに没頭していて、顔を上げると二日経っていたなんてことがあったよ。

――そんなに! オンラインゲームを長時間遊び続けて死亡する韓国のネットゲーマーのようなことがなければいいですが……。

【シンヤ】:
 ははは、大丈夫さ。さすがに僕が力尽きるより、スタミナが切れる方が早いからね。

――課金者のことはどうお考えですか?

【シンヤ】:
 ガチャやスタミナ消費のスケジュールを充分に管理できず、結果、石を割るという最も安易な愚行に出る……欲望を制御できない、最低のクズだね。


――しかし。課金層がいてこそゲームの運営が成り立っているという事実もあるでしょう。

【シンヤ】:

 くどいね。統計的にも無職には課金者が多いと出ているだろう?

――ところで、今年の7月にコロプラさんが新作をリリースするとの噂ですが……。

【シンヤ】:
 もちろん私もプレイしますよ! まだ詳細は知らされていませんが、親指だけで遊べる画期的なアクションになるのだとか。今から楽しみです。




 カリスマソシャゲーマー「シンヤ」のインタビュー記事は幸い好評を得たようで、私は後でひっそり胸を撫で下ろしたものです。

 それから半月後、私がハムサンドを食べながら空いた手で『チェインクロニクル』の魔神獲得イベントを周回していたときのことでした。
 不意に後ろから肩を叩かれました。スマートフォンを取り落としそうになりましたが、危ういところでポーズボタンをタップして机に置きます。


「おお、すまんイトー。……何だぁ、まだ魔神のレベル上限にしてないのか」

 気の抜けた声は先輩のものでした。風邪は随分長引いたそうですが、今ではすっかり快癒したようです。
 先輩は無精ヒゲを撫でながら、


「ちゃんとスタミナライフバランス管理しないと査定に響くぞ。聞いたろ、2課のスズキさん、スタミナ溢れさせてブラジルに転勤になったって」

「しかし、あれはレベルアップ直後にサーバーが落ちたのが原因だと……」

「お偉方はあくまで数字しか見ねえからな。とにかく、要らんと判断したんだろ」


 目を瞑ります。瞼の裏で、顔も知らぬスズキさんにそっと哀悼の意を捧げました。
 石を割る人煽る人、そのまたゲームを作る人。
 課金層、無課金層、ヘビーユーザー、ライトユーザー、様々な人が折り重なるように混ざり合うことで、まるでガラス球の中で循環が成り立つ生命球のごとく、ソーシャルゲームがその奇跡的バランスを保っていることを知る方は、あまりにも少なすぎると感じます。

 不要なユーザーなど、どこにもいないというのに。

 そんな感傷を抱いたのは、きっと先日のインタビュー内容の影響も少なからずあったのでしょう。それが良かれど悪かれど、彼もまた選民意識を持つソーシャルゲーマーでした。
 窓の外を見やります。冷え切った大気に満ちた秋空に、千々に散った雲が静かにたゆたっています。


 今こうしている間も、彼はどこかでスタミナを消費しているのでしょうか?

 ぼんやりとそんなことを考えていると、突然先輩に強く呼びかけられました。自身のスマートフォンを掴む先輩の両手が、かすかに震えていました。

「おい……あの『シンヤ』が、病院に担ぎ込まれたらしい」

 ※

 その後、ほどなくしてシンヤの訃報は世界中に知れ渡りました。
 解剖結果、彼の死因は過労だったそうです。しかし自らのコンディションさえ鑑みる、クオリティオブスタミナの化身とまで評された彼の過労死を信ずるものは世の中にはいませんでした。


 ……彼の最後のインタビュワーである、私を除いて。
 死体となった彼が最期に握っていたスマートフォン。そこに表示されていたゲーム画面を後から聞いて、私は恐れ慄いたものです。

 そのタイトルは『白猫プロジェクト』
 株式会社コロプラが制作した、親指一本だけで遊べるアクション性がウリのソーシャルゲームは、『スタミナが存在せず、いつまでも遊び続けられる』という画期的なシステムで大ヒット。人々はスタミナ管理の呪縛から解放され、後世何代にも渡ってのびのびと人々に愛され続けたそうです――。


-------------------------------------------------------------

「スタミナ回復がないとコンテンツをすぐ遊び尽くしてしまう上、ログイン動機も弱くなるはずなのに、どうしてこんなに人気なの?」

 そんな疑問を投げかけたかっただけなのに、随分遠くまで来たものです。

 

最近のゲームのおはなしです

ゲーム

こんにちは、イトーです。

近頃はいろいろな大人気ゲームの発売が目白押しですね。当ブログもようやく本来の目的(作品感想の備忘録)を遂げられそうです。
Until Dawn, マリオメーカー、いろいろある中 一番世で賑わいを見せているのは何といっても『MGS5』でしょうね!

f:id:saki9098:20150912233140j:plain

 

 

私は魔導物語A・R・S(PC-9801版/復刻)を遊んでいます。

f:id:saki9098:20150912235148p:plain

 

1990初頭のRPGで、ぷよぷよの元になったゲーム(の外伝)です。
もうなんかあまりにも古すぎて、この平成の世で参考にしようにもする部分があまりないのですが、強いて挙げるなら「ファジーパラメータシステム」が特徴的なゲームでしょう。

与えたダメージ量や、今の体力などを数値ではなく文字で表現するというシステムですね。例えば、以下のスクショの右欄は今の体力の表示です。
(画像は魔導物語1-2-3 PC9801版のものです)

f:id:saki9098:20150913002326p:plain

f:id:saki9098:20150913002329p:plainf:id:saki9098:20150913002330p:plain

f:id:saki9098:20150913002341p:plain


元気だということはわかったよ。

パンツを探しています

こんにちは、イトーです。


「俺のパンツ知らない?」

私とルームシェアしている男はいつも唐突です。

何でこいつは服を着てないのかな、と訝りつつ私は首を横に振りました。

彼は憤然と、


「そんなはずはない」


なぜそんな自信満々に。


「俺が洗濯機に放り込んでおいたパンツがない。お前はさっき洗濯機を使っていただろう。つまり俺のパンツも、お前の洗濯物に混ざって干されているのではないか」

「お前のパンツと一緒に洗っちゃったことの方が事件なんだけど」


ともかく確認させろとうるさいので、部屋に招いて洗濯物を一つ一つ指差します。


「これは?」

「違う」

「こっちのトランクスは」

「違う」


もう品切れです。私が今さっき履いたパンツを除けば。

……私はおもむろにズボンを下ろしました。


「………………………………違う。いや、違わなかったらもうそのパンツあげてたけど」

「俺も要らんけど……」


そうなるともう私の部屋にパンツはありません。八方塞がりです。


あれから数日経ちますが、パンツは今も見つかっていません。

私はこれから、私が履くパンツ全てに「コレはルームシェアの奴のものなのではないか?」という疑いを抱きながら生きていかなければならないのでしょうか。

それは白い布地に落ちる一滴の染みのようです。私の人生が汚染されていきます。まるで、洗濯物に混ざった他人のパンツのように(そのまんまですが)。


私は今日もパンツを探しています。



追記)

『パンツパンツと見苦しい』というご意見を多くの方から頂戴いたしました。申し訳ございません。


追々記)

お詫びといたしまして、私とルームシェアの者はどちらも美少女であることを明かします。


追々々記)

さらに女子高生でもあります。中間試験が憂鬱です。



はじめに

その他

こんにちは、イトーです。

ここは私が鑑賞したゲーム、まんが、映画、他もろもろの概要と感想を記しておいて、後の肥やしとするための備忘録です。

 
今回はただの挨拶にするつもりだったにせよ、もう少し気が利いたタイトルがあったのではないかと思います。

タイトルといえば、私はネーミングセンスがないのだろうなあ、と自覚したエピソードがあって。私が勤める会社で「新規で企画を立てるゲームのアイデアをプレゼンしあう会」というのが開かれたんですよ。(今更ですがテレビゲームを作る会社に勤めてます)
 
私が当時プレゼンしたのが次のようなゲームでして、

1. 3Dモデルの男の子 or 女の子を育てるゲーム
2. 育てる子の外見はランダムパラメータで決定される
3. 子が成人したら「社交界」に出す。
4. 「社交界」ではオンラインでつながった他のプレイヤーから、持参金と共に結婚の申し込みがある。受けるかどうかは相手のキャラクターと、持参金の額で決めてよい。
5. お見合いが成立したら、二人の子が生まれる。生まれた子は両親のパラメータに応じて外見が決まる。
6. これを何度も繰り返して、理想の外見の子をつくりだせ!
7. 仮タイトルは『人間牧場』。

ちなみに一票も得られませんでした。

その後 内容はまったく同じまま、タイトルを『ラブソサエティー』にしたら好評を得たので、「人間はものを判断するとき、最初に抱いたイメージを重視するんだなあ」と学びました。人間牧場の方がわくわくすると思ったんですけど。

そういうわけなので、今後の記事を書くときはキャッチーなタイトルを書くよう努力してみたいと思います。『〈ダンジョン飯〉から学ぶ正しい食育』とか。これはただのウソか。ウソだし、そもそもキャッチーじゃないか。

f:id:saki9098:20150817013321p:plain