読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イトーのブログ

ここはゲーム、まんが、映画の備忘録帳でござい 自分用なので文章が自由

クラッシュロワイヤルでお金を稼ぐ話です

 こんにちは、イトーです。

 

 お金好きですか?

 私は好きです。お金があると心が豊かになります。心が豊かになると他人に優しくなれます。私は大変に他人想いの人間なので、たくさんお金を稼ぎたいと思います。

 何もおかしいことはありませんね?

 さて、本日は大人気ゲーム「クラッシュロワイヤル」をモデルに「いかに課金へ誘導するか」というお話をします。

 

▼ところで

「クラッシュロワイヤル」、ご存知でしょうか?

Clash Royale

Clash Royale

 

 有体にいってしまえばMOBAというジャンルのゲームをスーパーカジュアルに仕立て直した、大変ステキなアクションシミュレーションです。

 何よりPvPというのがいい。PvP大好き。COOPは……キライとまでは言わずとも、実はそこまで好きじゃありません。仲良しこよしの同調圧力というか、秘薬忘れただけでキックされると心が砕けそうというか、お互いに気づかい合わないといけないの疲れるなあとか、そういうアレです。

 比べてPvPはただ競うだけ。ただ自らを高め敵と全力でぶつかり合う、手加減も気づかいも必要ない関係の何と純粋なことか! 憎悪と好意が相似形であると実感する一瞬です。憎み合え!

 

▼本題へ

 ゲーム性についてはどうでもいい。ビジネスの話をしましょう。

 さて「クラッシュロワイヤル」の「お金を払いたいタイミング」(以下「払いタイミング」)ですが。

 実に巧みに、様々な要素が「払いタイミング」の強化に寄与していることがわかります。

 フロー図を作ってみたのでさっと目をお通しください。

 

f:id:saki9098:20160416164319p:plain

 

▼長い

 もうこの時点で上記画像を拡大表示すらされていないことが察せられるのですが、はい、ごめんなさい。画像を作った時点で力尽きて、分割する余力がありませんでした。

「クラッシュロワイヤル」の課金タイミングはいくつかあるのですが、そのうち代表的なものに「宝箱アンロックの時短」というものがあります。

f:id:saki9098:20160416171716p:plain

 クラロワでは他プレイヤーと「バトル」をすると「宝箱」が手に入ります。中に強力(かも)なカードが入っている大変ステキなボックスですが、開けるのに時間がかかります。最低レアリティの銀箱で3時間。金箱なら8時間です。それらは4箱までしか保持できません。

「長い」「少ない」と思ったお方、ご安心ください! なんと、特別に! 課金することで即座に宝箱をアンロックすることができます!!

 

▼課金だいすき

 もう私は課金此人生也みたいな感じになってしまっているので貧者への支援を惜しまなかったマザーテレサのごとくスルスル無抵抗課金ですが、ハードルを感じる方もいらっしゃるでしょう。

 もうお気づきの通り、このゲームは「バトルをプレイしていると『宝箱』がいっぱいになる」「バトルをしても『宝箱』がもらえなくなるので、やむなく待機」というシーンの連続です。

 もちろん、それでも3時間待つという忍耐強い方もいらっしゃるでしょう。

 そんな強情なお客様のために、「クラッシュロワイヤル」を開発したSupercellは3人の刺客をご用意しました。

 

1. 「上へ行きたい」気持ち

2. クラロワTV

3. クラウン宝箱

 

「1. 『上へ行きたい』気持ち」はもはや説明不要です。

 クラロワでは勝利して手に入れたトロフィーの数で「アリーナランク」が決まります。ランクを上げて次のアリーナへ向かうと、使用できるカードのプール(種類)が増えます。つまりよりテクニカルなカードを使えるようになる。

f:id:saki9098:20160416174820p:plain

 

 バトルのモチベーションを更に強化するのが「2. クラロワTV」です。

 トップランカー同士のバトルが記録されるTVで、刃牙に例えるなら地下闘技場のリプレイです。プレイの参考になる他、「目指すべき場所」がはっきりします。「憧れ」と言い換えてもいい。

 

「3. クラウン宝箱」大変卑怯な仕様です。

f:id:saki9098:20160416175445p:plain

 なんとバトルで「クラウン」(敵の拠点)を計10個破壊するだけで開くことができる、大変お得でレアな宝箱。しかも待ち時間なし。

 しかし1日に1度しか開けることができません。ああ、是が非でもバトルしてクラウンを集めないと……でも調子がよくても10個集めるには10戦以上必要で……あれ? 勝率を仮に5割と見積もって宝箱5つを開けつつクラウンを稼がなくちゃいけないとなると……3時間 × 5個で15時間以上かかる! ああ、これは課金するしかありませんね……。

 

おわりに

 妙にアジテーショナルな内容になってしまいましたが、内容の半分はこのくらい各要素が密接に関係し合わなければいけないのだろうな、という個人的メモです。気持ちよくお金をたくさん払ってもらって、面白さに還元できるゲームを作りたい! という大変前向きなマインドと言えます。

 本稿では省略しましたが、これらに加えてログイン機会を増やす仕様もたくさんあったり、敵方の「新しい戦術」に触れて更なる工夫を巡らせたくなるような対戦環境があったりと、本当に各システムが互いを高め合うように配置された、ステキなゲームです。

 

おまけ

 余談ですが、海外プレイヤーは結果が不確定な「ガチャ」より、「時短」のような確実性のあるものに課金する傾向が高いという話があります。前身の「クラッシュオブクラン」なんかがその代表例。「クラッシュロワイヤル」は一見ガチャっぽいですが、「スロットを空けるのにお金を払う」という点が海外の人からすると時短課金に見えるのでしょうか?

 と言いつつ、クラロワにもありますけど。ガチャ。品揃えランダムのショップから直接購入もできます。とにかくお金を稼ぐための導線はたくさん配置するにこしたことはないのかもしれません。身もフタもない話ですが。

f:id:saki9098:20160416180535p:plain